紫外線吸収財とは



老けたくないけど簡単なほうが良い!若返りのお手入れ


出来るだけ避けたい紫外線吸収財とは

紫外線なんて怖くない!笑顔の女性

紫外線吸収剤は紫外線を吸収してエネルギーに変えてくれる働きがあります。

日焼けによるしわやシミ、そばかすなどの皮膚の老化を予防してくれ、クリーム状や乳液、ジェルのものがあります。


紫外線吸収剤は2つの種類に分けることができます。

「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」といい、効果はその名前どうりで「紫外線散乱剤」は紫外線を反射させるこうかがあり、「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収してお肌に紫外線が届かないようにしてくれる効果が期待できます。

紫外線吸収剤の成分名

「紫外線吸収剤」は多くの種類があって、呪文のように長い名前のものがたくさんあります。

例えば、
ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン。 メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール。
など。

名前が長いぶん、構造が複雑で多くの成分が含まれているのがわかります。
しかも、これらに含まれている成分は殆ど体にもともとないものばかりです。

体内にもともと無いものを使うとアレルギー反応が起こりやすくなります。
なので、敏感肌の方はアレルギー反応や炎症をおこす場合もあります。 敏感肌の方は使用を避けたほうが良いかもしれません。

日焼け止めは、時間の経過や汗で効果が薄れる

また、紫外線吸収剤は効果が薄れてしまうので、塗り直しなどが必要です。
汗でも流れてしまいますから1度塗ってそのまま長時間同じ効果が持続することを期待することは出来ないでしょう。

比較的使用感がよく、日焼け止め独特の白くなってしまうことも少なくて伸びがよく、使用感がいいことがメリットと言えます。

紫外線散乱剤について

次に、「紫外線散乱剤」
紫外線吸収剤よりも肌への負担が少なく、効果が持続します。
化粧品などに配合されていることもあります。

白くなりやすく、伸びも悪いので使用感が悪いと感じますし、紫外線吸収剤の方が紫外線対策としては効果が高いです。

どちらも、メリット・デメリットがあるので 上手に利用して最適なUVケアをしたいものですね。