睡眠のゴールデンタイムって?



老けたくないけど簡単なほうが良い!若返りのお手入れ


睡眠でお肌を育むゴールデンタイムについて

就寝前にパソコンする女性

今まで一般的には、お肌のゴールデンタイムや睡眠のゴールデンタイムは22時から2時までの間という認識があり、これを守りたい女性はなるべく仕事を定時で終わらせて、急いで帰宅して食事に入浴を済ませ、睡眠という慌ただしい夜を過ごさないといけないことがほとんどでした。

また、22時はまだオフィスにいる・・・なんて方も少なくないはずです。

それに、夜勤のある看護師さんは22時に眠ることなどできません。
でも夜勤をしてる看護師さんや22時にオフィスにいる方でもお肌がキレイで健康的な方も多くいます。

つまり、22時から2時の間に寝ていなくても、健康的で美しいお肌や体は手に入れられるということです。

睡眠のゴールデンタイムは3~4時間後

では、睡眠のゴールデンタイムはいつなのかということですが、最近では入眠後3~4時間後の間に脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることがわかっています。

なので、22時にむりくり寝なくても、ゆっくりと食事をして入浴をすませ、質の良い睡眠をすることのほうが大切になってきます。

できれば、寝る前の2~3時間前に入浴をして体を温め、少し体温が下がってきたあたりで睡眠をすると入眠しやすく、スムーズに眠ることができます。

今までの認識である22時から2時の間の睡眠も効果がないわけでもないので、できれば22時から23時の間に布団に入る習慣があると良いです。
そして、2~3時間後に熟睡している状態がベストな状態だそうです。

ストレスを溜めすぎない、寝る前のスマートフォンなどのブルーライトを避けてリラックスした状態で夜を過ごせるように工夫してみましょう。