フケ顔予防と保湿



老けたくないけど簡単なほうが良い!若返りのお手入れ


フケ顔予防。保湿がアンチエイジングに欠かせない理由

丁寧に保湿する女性

アンチエイジングをするには様ざなまスキンケアの方法が必要です。

洗顔1つにしても、ただ水でバシャバシャと洗うだけでは効果を感じることは難しいですし、洗顔料をタップリとつけてゴシゴシ洗っても意味がありません。

やはり、泡洗顔で優しく包み込むように洗顔するのがアンチエイジングにも効果的だとされています。

洗顔と同じように保湿もしっかりと行うことでアンチエイジングに欠かせないスキンケアの1つとなります。

保湿は乳液で行うことができます。なので、乳液をしっかりとタップリ塗っているから大丈夫というわけでもありません。

保湿は水分(化粧水)と油分(乳液)のバランスが整って始めて潤いのあるお肌を保つことができます。

保湿が上手にできていないと、しわやシミの原因になったり、ハリがなくなり、お肌はガサガサの状態になってしまいます。

しっかり保湿するためのSTEP1

上手に保湿をするには、まず、化粧水をしっかりとお肌に浸透させます。

この時、化粧水の種類にもよりますが、基本的にはコットンの使用をお勧めします。
手で化粧水を顔になじませた場合、手も化粧水の成分を吸ってしまいます。

もちろん、手のケアもできて一石二鳥とかんがえるのも良いですが、ちゃんと顔の保湿ケアをしたいのであればコットンで軽く抑えながらしっかりと浸透させるようにケアをします。
また、使用料は化粧水の説明書を見て参考にします。大体500円玉(大)1つ分ぐらいが染み込ませたコットンの裏にできるぐらいが適量とされています。

しっかり保湿するためのSTEP2

そして、乳液を手にとり、化粧水同様に優しくお肌にのせていきます。ゴシゴシと塗らずに伸ばしてくいくようにします。

お肌全体に伸ばして、気になる部分があれば底には重ね塗りをしても良いですが、あまりこってり塗るのは避けたほうがよいです。

薄く重ね塗りする程度が良いとされています。
使用料はやはり、各乳液の使用量を守ってください。目安としては、朝は大豆粒1個分程度、夜は2個分程度が最適とされています。

上手く保湿をして、アンチエイジングの効果を高めてください。